新着情報

石挽き蕎麦 庵のこだわり「宗田鰹節」について

石挽き蕎麦 庵では、店主のこだわりを追求したそばをご提供しております。

今回は、こだわりの中の1つ「宗田鰹節」についてご紹介しようと思います。

 

<宗田鰹節とは?>

宗田鰹節(宗田節・そうだぶし)という言葉を聞いたことがある方は多いと思いますが、鰹節と宗田鰹節の違いがよくわからない方も多いと思います。

実は鰹節にはさまざまな種類がありマガツオから作られる「本節(ほんぶし)」「亀節(かめぶし)」、ソウダカツオから作られる「宗田節(そうだぶし)」の他にも、ゴマサバなどから作られる「鯖節(さばぶし)」、キハダマグロから作られる「マグロ節」、ムロアジから作られる「むろあじ節」、ウルメイワシから作られる「ウルメ節」、さんまから作られる「サンマ節」などさまざまな種類があります。

鰹節の世界は実はとても奥が深く、例えば、ソウダカツオから作られた宗田鰹節の中にも、宗田節と枯宗田節という種類があり、旨味や風味に違いがあり、主に高知で作られることが多く、高知ではメジカとも呼ばれます。

宗田節は香りの良さと、出汁のコクの存在感があり、他の出汁との調合でさまざまな表現ができるところが特徴です。

当店では、鰹節、宗田鰹節、鯖節、昆布を使用して旨味調味料や保存料は一切使用しない「こだわりのそばつゆ」を作っております。

庵のこだわり蕎麦とそばつゆを是非お試しください!

新着情報一覧に戻る